/

トルコ大統領9日に就任、権限集中の新制度へ

【イスタンブール=佐野彰洋】トルコの高等選挙委員会は4日、6月24日投票の大統領選と総選挙の最終結果を発表した。再選されたエルドアン大統領の得票率は52.59%だった。同氏は9日に就任宣誓し、閣僚名簿を発表、行政の広範な権限を集中させる実権型の大統領制を始動させる。

国会(一院制、定数600)の議席配分も確定。親イスラムの与党、公正発展党(AKP)は295で、協力する民族主義者行動党(MHP)の49と合計で過半数を確保した。野党は世俗派の共和人民党(CHP)146、クルド系の国民民主主義党(HDP)67、優良党(IYI)43。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン