/

この記事は会員限定です

千葉・一宮町、五輪サーフィンでバリアフリー始動

[有料会員限定]

2020年東京五輪・パラリンピックのサーフィン会場となる千葉県一宮町周辺でバリアフリー対策が動き始めた。会場近くの宿泊施設は車いす利用者が使いやすい客室を新築し、一宮町は最寄り駅に海側の改札口を新設する。多様な人が観戦に訪れる五輪で初となるサーフィン競技の成功に向け、一層の対策が求められる。

競技会場の釣ケ崎海岸まで車で約5分の宿泊施設「COFF」(一宮町)は、8月の改装開業に合わせてバリアフリ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り638文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン