新潟県、津南町の廃校に宿泊テント 移住希望者を誘致

2018/7/4 23:00
保存
共有
印刷
その他

新潟県は芸術イベント「大地の芸術祭」の期間中、低料金で長期間宿泊できるテントを同県津南町の廃校グラウンドに試験的に設置する。地域の暮らしや魅力について知ってもらう機会を増やし、同町や周辺への移住・定住につなげたい考えだ。

7月29日~8月23日まで、廃校になった同町の旧三箇小学校のグラウンドに3サイズ、計6張りのテントを設置する。1泊の利用料金は税込みで1000~3000円。管理は地域住民で構成する「三箇地区都会との交流を進める会」が担う。

同地区では地域の活性化に向けて、これまでも主に首都圏の子どもと交流を進めてきた。今回のテント開設では、移住や地方の暮らしに関心が高い若者の利用を見込んでいる。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]