2018年9月26日(水)

ポーランドとEU、司法の独立で対立 最高裁判事が退任拒否

ヨーロッパ
2018/7/4 20:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 【ベルリン=石川潤、ブリュッセル=森本学】ポーランドが司法制度改革を巡って欧州連合(EU)との対立を深めている。同国政府による定年の引き下げで失職の危機にある最高裁判所トップのマルゴジャタ・ゲルスドルフ氏が退任を拒否。EUは法の支配を揺るがせかねないとして、欧州司法裁判所への提訴や制裁発動をにらんだ手続きを進めることで圧力を強めている。

 「私がここにいるのは政治のためではない。法による支配を守る…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報