/

この記事は会員限定です

広島駅南口の再開発、24年度完成目指す 広島電、路線再編

市は19年度に実施設計

[有料会員限定]

広島市とJR西日本広島電鉄の3者が進める広島駅南口の再開発は2024年度に完成、供用開始を目指すことが明らかになった。当初の計画より1年遅れる。一方、広島電鉄はJRの再開発に伴う新駅ビルの2階に乗り入れる路線の系統を見直す。広島駅周辺の景観に配慮し、路面電車に電気を送る架線を張らず、蓄電池を搭載した新しい方式を採用する。

3者が合意当初に目指していた「平成30年代半ば(23年ごろ)の完成」より1年程度遅れる。広島...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1362文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン