2018年11月21日(水)

ボタン一つでインクを発注 ソラコムがIoT機器

IoT
2018/7/4 18:18
保存
共有
印刷
その他

KDDI(au)傘下であらゆるモノがネットにつながる「IoT」サービスを手がけるソラコム(東京・世田谷)は4日、ボタン型のIoT端末を2019年3月までに発売すると発表した。ボタンを押すと通信し、あらかじめ設定した信号をインターネット上のクラウドに送る。在庫の追加発注などでの利用を見込む。

米アマゾン・ドット・コムのクラウドサービス「AWS(アマゾン・ウェブ・サービス)」と連動し、IoTで送ったデータを管理する。アマゾンも同様のボタン型端末を販売しているが、動作にはWi―Fi環境が必要となる。ソラコムの新端末はauの携帯電話のネットワークを使うため、より広いエリアで手軽に導入できる。

大きさはおおよそ10センチメートル×3センチメートルと小さく、持ち運びもしやすい。「1回押し」「2回押し」「長押し」の3種類の信号を発信できる。スマートフォンのアプリを使い、それぞれの信号の中身を指定できる。

たとえば企業のオフィスにあるプリンターに取りつけ、インクがなくなったらボタンを押して追加注文するといった使い方を想定する。法人だけでなく、個人による購入も見込む。ボタンを押すという分かりやすい使い方をアピールする。価格は8千円前後となる予定。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報