/

この記事は会員限定です

「ポスト文在寅」見据え始動 22年韓国大統領選 首長ら有力候補

ソウル市長、知名度高く 保守は統合進まず混乱

[有料会員限定]

【ソウル=恩地洋介】韓国では今週、6月の統一地方選挙で当選した知事らが正式に着任した。ソウル市長や知事など有力な地方自治体の首長は、次期大統領の座を狙う有力者が就くポストと目されている。文在寅(ムン・ジェイン)大統領の後任を選ぶ大統領選は2022年。7割超の支持率を維持する文政権は盤石にも見えるが「ポスト文」をうかがうレースはすでに始まっている。

統一地方選後、民間の世論調査会社は「次の政治指導者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1255文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン