/

この記事は会員限定です

ローカル線にかける夢の続き

点照

[有料会員限定]

房総半島の里山の風景に溶け込むように走るいすみ鉄道(千葉県大多喜町)。公募で社長に就いて9年間、廃線寸前だったローカル線の立て直しに尽力した鳥塚亮さん(58)が先月退任した。

生まれ育ちは東京だが、千葉県勝浦市の祖母のもとに足しげく遊びに来るうちに鉄道ファンになり、房総にも愛着をもつようになった。外資系航空会社に勤めていた時、いすみ鉄道の経営危機を知り、転身を決断した。

車体にムーミンのステッカー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り726文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン