/

この記事は会員限定です

企業にIRの見直し促す 経産省、「積極型」投資呼び込みへ提言

[有料会員限定]

経済産業省は、運用者の裁量で有望な投資先を選ぶ「積極型(アクティブ)」の機関投資家による日本企業への投資を呼び込むため、各企業が対応すべき点を整理した提言をまとめた。決算時の投資家向け広報(IR)について、大幅な見直しが必要だとの認識を強調した。環境・社会・企業統治を重視する「ESG」について、独自性のある取り組みを求めた。

銘柄選定がある程度事前に決まっていて、機械的に売買するパッシブ型の投資が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り387文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン