[FT]米中西部の人手不足、受刑者や薬物中毒者の雇用も促進

2018/7/4 14:32
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

労働力不足に陥っている米中西部では、企業が受刑者や元受刑者、元薬物常習者の雇用に走っている。ブームに沸く製造業や建設業界で動きは顕著だ。

人材専門家によると、一部企業は薬物検査を控え始めているほか、犯罪歴の確認を省略・延期しようとする企業もある。新規雇用者の薬物乱用の治療歴の有無、治療中か否かについては、多くが目をつぶっている。

米人材サービス大手マンパワーグループのベッキー・フランケビック北米…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]