/

この記事は会員限定です

「私だけ」のスキンケア 資生堂、IoTで消費者視点

資生堂520億円デジタル投資の正体(上)

[有料会員限定]
日経コンピュータ
資生堂がデジタル改革に本気だ。3年間で520億円をデジタル技術に投じ、商品開発から売り方まで社内の全てを見直している。根底にあるのは顧客中心の考え方だ。変化を恐れず、融合を進め、未来の顧客を探り当てられるか。

資生堂の国内事業会社、資生堂ジャパンの川崎道文ブランドマネージャーは頭を抱えた。同社の杉山繁和社長に呼ばれ、こう告げられたのだ。「既存のチャネルにとらわれない、生活者視点の新しいビジネスモデルを開...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2784文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン