/

この記事は会員限定です

自民党の政策通議員 専門性高め頭角

Decoding the Diet

[有料会員限定]

自民党の政調会は55年体制下で永久与党の状態が続くと、政策立案機能を高めていった。その過程で農林、社会保障など各省庁ごとの専門分野に特化した議員が頭角をあらわし、その道のプロ議員は「族議員」と呼ばれた。田中角栄元首相は草分け的な存在で、建設や郵政など複数の分野で強い影響力を誇った。最大派閥であらゆる分野の族議員がそろった田中派―竹下派は「総合病院」とも呼ばれた。他の派閥でも様々な分野に強い議...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り197文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン