/

この記事は会員限定です

環境対策も都独自、プラごみ削減のG7憲章を支持

[有料会員限定]

東京都は、主要7カ国(G7)が6月にまとめた、プラスチックごみの削減をうたう「海洋プラスチック憲章」を支持する姿勢を固めた。日本政府は署名を見送っている。政府との違いを鮮明にし、環境都市としての東京をアピールする。

憲章は6月のG7首脳会議(シャルルボワ・サミット)でまとまった。レジ袋やペットボトルから出る小さなプラスチックごみによる海洋汚染を減らすのが目的だ。

小池百合子知事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り191文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン