/

キユーピー、ドレッシング容器刷新 使い切り想定

キユーピーは3日、8月に出荷するドレッシングの容器を順次刷新すると発表した。瓶の小型ボトルをプラスチックボトルに置き換えて、軽量で注ぎやすいよう形状を工夫。容量を増やしつつ約100グラム軽量化した。合わせて使い切りや持ち運びを想定した、小容量スティックタイプも新たに商品群に加えた。

従来商品で最も容量が小さかった150ミリリットル入りの瓶のボトルを、180ミリリットル入りのプラスチックボトルに変更する。プラスチックにすることで軽くなるほか、落としても割れにくくなる。キャップと中栓部分を一度で開けられるようにし、注ぎ口も口径を小さくしたりカーブをつけたりすることで、液だれしにくく好みの量を注ぎやすい。

容量も世帯構成に合わせて約1カ月で使いきれるよう工夫。2~3人世帯向けの180ミリリットル、3人以上世帯向けの380ミリリットルをそろえた。単身世帯を想定し、1回の食事で使い切れるよう8ミリリットルのスティックに小分けした商品も用意した。スティックタイプは8月中旬から全国に出荷するとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン