現場作業を遠隔サポート 四電系が眼鏡型端末システム

2018/7/3 19:42
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

システム開発のよんでんメディアワークス(高松市)は眼鏡型ウエアラブル端末「スマートグラス」を使う遠隔作業支援システムの販売を始めた。着用した作業者の目の前に、管理する本部からの指示や手順を遠隔表示。作業者は両手が自由に使えるうえ、本部も同じ視界を共有するので的確にサポートできる。建設現場やビル管理などの作業効率を高め、技術者の育成にも役立つ。

遠隔作業支援システム「Jiglass(ジグラス)」は…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]