/

札幌市立大・はこだて未来大、学術交流で協定

札幌市立大学と公立はこだて未来大学は3日、学術交流協定を締結した。市立大のデザイン学部と看護学部、IT(情報技術)関連研究で実績を持つ未来大が連携して共同研究を進める。第1弾として、同日、札幌市内の札幌市立大のサテライトキャンパスの近くで、人工知能(AI)をテーマにした公開講座を共同開催した。

協定を結んだはこだて未来大の片桐恭弘学長(左)と札幌市立大の中島秀之学長(札幌市)

両大学は以前からデザイン分野を中心に教員同士の交流があり、協定締結により交流をさらに深める。具体的には、未来大の情報系の講義を市立大でも遠隔受講できるようにしたり、看護分野にAIを組み合わせる研究を進めたりする。

市立大の中島秀之学長は「使いやすさを追求するデザインの視点と看護学、AIを組み合わせることで、将来的には地域の在宅医療への課題などに応えることができる」と期待を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン