2018年9月20日(木)

札幌市立大・はこだて未来大、学術交流で協定

北海道・東北
2018/7/3 22:00
保存
共有
印刷
その他

 札幌市立大学と公立はこだて未来大学は3日、学術交流協定を締結した。市立大のデザイン学部と看護学部、IT(情報技術)関連研究で実績を持つ未来大が連携して共同研究を進める。第1弾として、同日、札幌市内の札幌市立大のサテライトキャンパスの近くで、人工知能(AI)をテーマにした公開講座を共同開催した。

協定を結んだはこだて未来大の片桐恭弘学長(左)と札幌市立大の中島秀之学長(札幌市)

 両大学は以前からデザイン分野を中心に教員同士の交流があり、協定締結により交流をさらに深める。具体的には、未来大の情報系の講義を市立大でも遠隔受講できるようにしたり、看護分野にAIを組み合わせる研究を進めたりする。

 市立大の中島秀之学長は「使いやすさを追求するデザインの視点と看護学、AIを組み合わせることで、将来的には地域の在宅医療への課題などに応えることができる」と期待を示した。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報