/

西野ジャパン、堂々と打ち合ったが故の敗戦

勝利し円陣を組んで喜ぶベルギーイレブン。手前は本田=沢井慎也撮影

相手の猛攻に耐えているうちに耐性ができて粘れるようになり、反撃の芽が少しずつ確実に膨らんでいく。アンダーエージからフル代表まで国際舞台での日本の勝ちパターンに、世界3位のベルギーをはめかけた。

欲をいうなら原口、乾の胸のすくゴールが少々早過ぎたことか。原口が48分、乾は52分。試合前に西野監督は「ベルギーを本気にさせて相手のフルパワーを引き出そう」と選手を励ましたが、先行する早さは、ベルギーに立て直しと追撃の時間もたっぷりと与えた。

ベルギーの反撃は65分のフェライニの投入から本格化した。CKやFKで194センチの怪人は高さを発揮、力勝負をより鮮明に打ち出してきた。

2失点はいずれもヘディングシュートだ。1失点目は川島の距離の出ないパンチングが傷口を広げたもの。フェルトンゲンが頭で突き上げたボールにシュートの意志がなさそうなこともショックだった。幸運の女神に日本の側に立たないことを告げられたようで。

両チームともに疲れが目立ち、延長戦を視野に入れた追加タイム。ベルギーの決勝点は、自陣ゴール前から相手ゴール前まで、バスケットボールの「ラン・アンド・ガン」のような逆襲をサッカーのピッチサイズでやってのけた。どこかで誰かが反則をしてでも止めるべきだったという論法も通じないほどの速さ、球離れ、選手のコース取り、すべてが完璧な速攻。

後半終了間際、ベルギーに勝ち越し点を許し肩を落とす日本イレブン=沢井慎也撮影

今大会の日本はセットプレーから失点を重ねたが、まさか自チームのCKからゴールを破られるとは。その直前、日本は本田のFKがGKの美技に阻まれていた。勢いに乗ってCKで"サヨナラ勝ち"を狙い、結果的に高い代償を払った。

ロッカールームで裸でぼうぜんとする選手に「シャワーを浴びろよ」と声をかけるのが精いっぱいだった西野監督。「2点リードをコントロールできなかったのは選手ではなく、監督の采配が問われる」とW杯の奥深さに打ちのめされた。

とはいえ、過去2回の16強は0-1、0-0と無得点だった日本が2ゴールしたことに価値はある。それもこの後、世界王者になる可能性を秘めたベルギーと堂々と打ち合って。ベスト8の目標が未達に終わった無念はあるが、日本の特長である「同時性や連続性は表現できた」(西野監督)という充足感はある。

単純な1対1、2対2の形ではなく、グループで個に対抗。その中から浮いた選手をうまくつくってタイムリーに攻撃に向かわせる。俊敏さも生かした、そうした攻めの方向性は今後も踏襲すべきものだろう。課題は、やるせない失点をどう減らしていくか。

「まだ足りない何かがある。この経験を次につなげたら今回のチャレンジは成功したといえる。4年後にそこは託したい」と西野監督。

4月の電撃的な監督交代から、8強という不可能に思えたミッションに限りなく肉薄した今回の日本代表。チームづくりの不思議と即製と思えぬ魅力を振りまいて、短いロシアの夏を終えた。(ロストフナドヌー=武智幸徳)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン