企業監査の質、英で批判 大手に解体論も
政界では解体・分離論も

2018/7/3 22:14
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ロンドン=篠崎健太】企業の決算書類が正しいかどうか調べる監査法人に、英国で厳しい視線が注がれている。英財務報告評議会(FRC)は6月、大手4法人について「監査の質を早急に改善する必要がある」との報告書をまとめた。監査を通った企業の破綻や会計不祥事が続発。監督の強化を求める声が市場や政界から広がり、FRCは踏み込んで警告した。

FRCは6月18日に「監査クオリティーレビュー」を公表した。対象とし…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]