/

この記事は会員限定です

食材の安全基準、「日本レベル」を卒業へ

編集委員 吉田忠則

[有料会員限定]

厳しい基準を設けて日本の農業の競争力を底上げするか、緩めて政策で支援する対象を広げるか――。往々にして後者に傾きがちな農政が、ようやく甘い基準を見直すことを検討し始めた。農産物の安全性を認証する農業生産工程管理(GAP)のことだ。

東京五輪を機に認証取得

GAPは農薬の使い方や保管の仕方、水や土壌の保全など環境への配慮、スタッフの安全の確保、記録のつけ方などを広範に定めた農業のルール。国境を越えた農産物の取引が増えたこと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1454文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン