/

この記事は会員限定です

中堅、ニッチ・独自の技で頭角 営業CF総資産比上位

[有料会員限定]

日本経済のけん引役として期待される中堅上場企業「NEXT1000」を対象に、直近の総資産に対する営業キャッシュフロー(CF)比率の改善度合いをランキングしたところ、ソフトの開発・販売やオフィス設計などを手がける企業が上位に入った。大手の参入が少ないニッチな分野で効率的に現金を稼ぐのが特徴だ。スキー場の再生など、独自のノウハウを持つ企業も存在感を高めている。

1位 システムディ 学校事務、ソフトで効率化

システムディは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2690文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン