2018年9月26日(水)

「第四次産業革命」日本拠点が始動 AI時代の課題克服

AI
IoT
自動運転
BP速報
2018/7/3 18:00
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

 「ダボス会議」などを主催する国際機関の世界経済フォーラム(WEF)は2018年7月2日、東京都内に「第四次産業革命日本センター」を開設した。

左からアジア・パシフィック・イニシアティブの船橋洋一理事長、世界経済フォーラム(WEF)の江田麻季子日本代表、WEF第四次産業革命日本センター長の須賀千鶴氏、WEF第四次産業革命センター長のムラート・ソンメズ氏

左からアジア・パシフィック・イニシアティブの船橋洋一理事長、世界経済フォーラム(WEF)の江田麻季子日本代表、WEF第四次産業革命日本センター長の須賀千鶴氏、WEF第四次産業革命センター長のムラート・ソンメズ氏

 須賀千鶴センター長は「第四次産業革命を象徴する人工知能(AI)の発達は世界的には雇用を奪うものだと思われている。ところが、少子高齢化による人手不足が深刻な日本は、AIを含む技術の成果を早く取り込む必要がある世界的にも珍しい国だ。その日本から世界にメッセージを発信し、リーダーシップを取れるようにしたい」と意気込みを述べた。

■プライバシー保護、自動運転、医療に注目

 第四次産業革命日本センターは、政府機関と企業が連携し、AIやあらゆるモノがネットにつながる「IoT」などが産業構造の変化をもたらす「第四次産業革命」にまつわる課題の克服に取り組む。日本センターはプライバシー保護などの「データ政策」、自動運転などの「モビリティー」、データに基づく精密な医療などの「ヘルスケア」の3つを注力分野に選定。必要な規制や技術活用のあり方を提案する。

 日本センターは、WEFと経済産業省、シンクタンクであるアジア・パシフィック・イニシアティブの3者が連携して設立した。須賀センター長は03年に経産省に入り、途上国支援やベンチャー政策などを担当してきた。18年7月から日本センターに出向する形でセンター長の業務に専念する。日立製作所SOMPOホールディングスなどのスポンサー企業が運営資金を拠出する。

 設立記念レセプションでは、安倍晋三首相がビデオメッセージを寄せて「第四次産業革命は日本にとってチャンス。政府も日本センターの活動成果を生かしながら、古い20世紀型の規制を変えていきたい」と述べた。

 世耕弘成経産相は「第四次産業革命はかつてのIT革命とは違うものだ。少数のプラットフォーマーがデータや利益を独占するのではなく、国民1人ひとりがメリットを享受できるようなルール作りが必要だ。そのために経産省も全面的に協力していく」と話した。

 日本経団連の中西宏明会長(日立取締役会長)と、経済同友会の小林喜光代表幹事(三菱ケミカルホールディングス取締役会長)もあいさつし、経済界として新センターの活動を支援していく方針を示した。

(日経 xTECH/日経コンピュータ 清嶋直樹)

[日経 xTECH 2018年7月2日掲載]

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報