/

ICT活用で生産性上昇4倍、情報通信白書

総務省は3日公表した2018年の情報通信白書で、情報通信技術(ICT)の活用によって労働生産性の上昇効果が最大4倍に達するとの試算を示した。人口減少と少子高齢化で生産年齢人口が減るなかでICTが成長を持続するカギになるという。

国内企業500社へのアンケート調査で、ICTによる生産性向上に取り組む企業と、そうでない企業を比べた。業務の省力化や効率化の効果は1.1~2.5倍、製品やサービスの高付加価値化や新規展開では4.0倍の開きがあった。生産性の上昇は「攻めのICT投資」による効果がより大きいとみている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン