/

この記事は会員限定です

アスクルが「都心倉庫」 ビル地下に在庫、物流効率化

[有料会員限定]

オフィス用品通販最大手のアスクルは今秋にも東京都内のビルを物流拠点として活用する取り組みを始める。配送先のビル地下でコピー用紙やトナーなどを保管しておき、注文があればそこから顧客に届ける。従来は自社拠点から直接運んでいたが、注文の多い品目は配送先の近くで在庫を持つことで物流の無駄を省く。人手不足で物流各社が「ラストワンマイル」の効率化を進めるなか、新たな手法として注目を集めそうだ。

アスクルは佐川急便と組...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1029文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン