2018年9月21日(金)

コンパクトシティを考える(10) 住民参加のプロセス必要
諸富徹 京都大学教授

やさしい経済学
コラム(経済・政治)
2018/7/4 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 人口減少時代における縮退化は自治の真価を問うプロセスになるでしょう。人口増加時代は一定人口に対して整備すべき公共施設・社会資本が定められ、それを整備することはすべての住民に便益をもたらしました。ところが今後は、社会資本の更新、小中学校の廃校、空き家・空き地の処分など、どれも地域で利害が錯綜(さくそう)する課題ばかりです。トップダウンではなく、住民が自ら議論に参加し、方向性を決めることが納得性と正…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報