/

日本、準々決勝進出ならず 2-3で逆転負け

前半、攻め込む香川(右)=沢井慎也撮影

【ロストフナドヌー=岸名章友】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は2日、決勝トーナメント1回戦で日本は国際サッカー連盟(FIFA)ランキング3位のベルギーに2-3で逆転負けを喫し、初の準々決勝進出はならなかった。

日本は香川、大迫、長谷部ら1次リーグ第1、2戦と同じメンバーが先発。48分に柴崎のスルーパスに走り込んだ原口が先制ゴール。52分には乾のミドルシュートで加点し、リードを広げた。しかし、69分、74分と立て続けに失点して追い付かれると、試合終了間際にカウンターから決勝点を奪われた。

日本は日本は2002年日韓大会、2010年南アフリカ大会に続く3度目の決勝トーナメント進出を果たしたが、またしても8強の壁に阻まれた。

ベルギーは2大会連続の8強入り。6日(日本時間7日)の準々決勝でブラジルと対戦する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン