2018年7月22日(日)

「農協、合併に合理性」農中理事長、金融譲渡には懸念

経済
金融機関
2018/7/3 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 農林中央金庫の奥和登理事長は日本経済新聞のインタビューで、農協の合併について「職員の質や量を確保する意味で、一定の合理性はある」と述べた。農業融資などのニーズに応じきれない小規模農協もあり、一定の合併のメリットに言及した形だ。一方で、農協の金融事業の譲渡は「システム整備などで外に向かうべきエネルギーが割かれる」と懸念を示した。

 農協は2000年代初めに1千以上あったが、現時点でJAバンクグループ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報