2019年3月23日(土)

転職求人 11職種中9増加 民間の下期予測、金融は減

2018/7/2 18:53
保存
共有
印刷
その他

パーソルキャリア(東京・千代田)が2日発表した2018年下半期(7月~12月)の転職市場予測によると、全11職種のうち金融などを除く9職種で求人数が増える見通しだ。企業のIT(情報技術)投資が進み、ITエンジニアを中心に求人の裾野が広がる。

転職市場は活況が続く見通しだ

増加するとしたのは「IT・通信」「営業」など5分野、緩やかに増加するのは「建築・土木」など4分野。「化学・素材」はほぼ変わらない。

ITエンジニアのほか、幅広い業界でセキュリティーサービスの営業やウェブマーケティング、ネット通販の求人が増えるとみる。特にデータ分析担当者の需要が強い。

金融では「店舗集約や業務効率化で大部分を占める営業職の採用が減っている」(同社)。ただネット銀行や電子決済サービスの業務は増加傾向だ。「AIに仕事を奪われるとの悲観論もあるが、新しい仕事が広がっている」(転職サービス「DODA」の大浦征也編集長)という。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報