/

この記事は会員限定です

乳牛にゲノム解析 フィード・ワン

TPPにらみ、畜産の競争力向上へ

[有料会員限定]

配合飼料大手のフィード・ワンは乳牛のゲノム解析事業に参入する。子牛の遺伝子を解析し、将来の乳量や寿命、疾病リスクなどを予測する。国内の乳牛のゲノム解析は北米などに比べて普及が遅れている。環太平洋経済連携協定(TPP)の発効で、輸入品チーズの関税が引き下げられ市場価格の下落が予想されるなか、担い手不足に悩む国内の酪農業の競争力向上につなげる。

フィード・ワンは米国で乳牛のゲノム解析大手のネオジェン社と、乳牛の遺伝...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り641文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン