/

この記事は会員限定です

改憲発議は19年以降 衆院憲法審の「開かずの扉」

編集委員 清水真人

[有料会員限定]

終盤国会で緊迫が続くのが衆院憲法審査会だ。最大野党の立憲民主党が首相の安倍晋三に対決姿勢を強め、今国会で1度も実質審議がない「開かずの扉」。自民、公明両党などはまず有権者の利便性向上を狙う国民投票法改正案を共同提案し、会期内成立を目指すが、それさえメドが立っていない。その先の課題となる憲法改正発議を2019年以降に持ち越すのは必至だ。

「職権開会」巡り緊迫

「明28日次のとおり開会する。 ▲憲法審査会 午後1時30分 ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2929文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン