/

この記事は会員限定です

山梨ジュエリー輝けるか、カギは「中国」と「ネット」

潜望展望

[有料会員限定]

山梨県は宝飾品(ジュエリー)の出荷額が日本一だ。だがバブル崩壊やリーマン・ショックで売り上げは激減し、今後も少子化で市場の縮小は避けられない。そんな厳しい状況を打開しようと、県内の企業や業界団体が動き始めた。カギは「中国」と「ネット戦略」だ。

4月、甲府市で開かれたジュエリーフェア。中国の上海から来た徐●(おんなへんに捷のつくり)さんは「日本のジュエリーは安くて魅力がある。きょうは200万円分買っ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り856文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン