/

この記事は会員限定です

小売店の業務自動化サービス 富士通、自走式ロボ使い

[有料会員限定]

富士通は2018年度にも、ロボットを使って小売店業務を自動化するサービスを始める。ロボットが自分で走行しながら棚の商品をカメラで撮影し、画像を人工知能(AI)で処理。品切れ状況を確認したり、在庫がある棚を探したりする作業を支援する。店舗の人手不足を補う狙い。

ロボットは自分のいる場所を把握して自動で地図を作り、人や荷物をよけながら走行する。スーパーやドラッグストアなどの店舗の陳列場所や倉庫を動き回り、搭...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り411文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン