最新ニュース

フォローする

堅守崩せずポルトガル敗退 ロナルドも去る

2018/7/1 11:30
保存
共有
印刷
その他

前半、厳しいマークを受けるポルトガルのロナルド(中)=沢井慎也撮影

前半、厳しいマークを受けるポルトガルのロナルド(中)=沢井慎也撮影

メッシが去った4時間後、ロナルドのロシア大会も終わりを告げた。この試合でポルトガルのエースが一番目立ったのはプレー中ではなく、痛めた足を引きずるウルグアイのカバニに肩を貸し、紳士然とピッチの外へ連れ出したときだった。

「天下に英傑おれひとり」という顔つきの男が、熱戦の合間にふと示した対戦相手への気遣いに、敵味方の別なくスタンドは拍手の渦。シャイな天才メッシと異なり、ロナルドにはこの手の振る舞いを照れもせずにできるかわいげがある。この日2得点の手ごわいストライカーを一刻も早くゲームから締め出したかったから、などと邪推してはいけない。

カバニの負傷退場後、ウルグアイ側の交代の手当てが遅れ、ポルトガルはほんの数分、数的優位を享受した。だがロナルドも仲間たちも相手の堅陣の前に打つ手なし。

55分のCKで、ロナルドをおとりに使ったCBペペのヘディングがポルトガル唯一の得点だった。

半分はエースの手柄と言えぬでもなかったが、ロナルド自身は遠めからしかシュートを打たせてもらえず、ウルグアイの「つぶしのサッカー」に塗りつぶされた。

前半のミドルシュートはGKの正面で、FKは壁に阻まれた。得意の左サイドでボールをもらっても、利き足の右のシュートコースをふさぐように左手から水色シャツの男たちが湧き上がる。

ままよと体を投げだしてくればかわせるが、徒党を組んでコースを切りながら寄せてくるしつこい包囲網に、さしものロナルドも召し捕られてしまった。

今大会は、ハットトリックを飾ったスペインとの初戦に入れこみすぎた気味がある。イラン戦のPK失敗にも神通力の陰りがみえた。優勝を狙うには駒不足と察しがついていたのだろう。試合後、笑顔で報道陣に囲まれるロナルドがいた。

33歳。4年後のカタール大会は遠すぎる。「(ポルトガル代表に)残ってくれると思う。若い選手にはまだ彼が必要だ」とサントス監督に請われる大黒柱の心中やいかに。(ソチ=阿刀田寛)

最新ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

W杯関連のコラム

注目の監督・選手のコラム

電子版トップスポーツトップ

最新ニュース 一覧

フォローする
サッカー日本代表コーチで、東京五輪男子代表監督の森保一氏=共同共同

 日本サッカー協会は20日、次期日本代表監督を議論・推挙する技術委員会を開き、関塚隆・技術委員長に選任を一任した。東京五輪男子代表監督の森保一氏(49)が最有力候補で、26日の理事会での承認を経て正式 …続き (2018/7/20)

 日本サッカー協会は20日に東京都内で技術委員会を開き、東京五輪男子代表の森保一監督(49)が最有力候補となっている次期日本代表監督などについて議論する。委員会を経て、年齢制限のない日本代表と原則23 …続き (2018/7/19)

優勝を果たし、喜ぶエムバペ(左端)らフランスの選手=三村幸作撮影

 ロシアで開かれたワールドカップ(W杯)は、サッカーにまつわる様々な常識が揺さぶられ続けた32日間だった。
 優勝したフランスのデシャン監督も「このようなW杯は記憶にない」と話した。「タフでインテンシテ …続き (2018/7/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]