2018年7月22日(日)

AIで需要予測や出店判断 小売りで導入広がる
ヨーカ堂、ファミマなど

小売り・外食
AI
2018/7/1 0:46
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 小売り大手が人工知能(AI)を活用して競争力を高める。イトーヨーカ堂は2019年度にも全店でAIの需要予測にもとづく発注を始める。ファミリーマートは6月末からコンビニエンスストアの新規出店の可否を判断するためにAIを導入した。人手不足が続き、ネット通販などとの競合も激しくなるなか、AIを導入して生産性の向上につなげる。

 日本の小売業は労働集約型産業で人の経験や勘に頼るところが製造業に比べて大きか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報