超小型衛星、市場拡大続く 民間ロケット「次こそ」

2018/6/30 21:59
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ロケット開発スタートアップ企業のインターステラテクノロジズ(北海道大樹町)は30日、宇宙空間を目ざした観測ロケット「MOMO(モモ)」2号機の打ち上げに失敗した。米中の新興企業との開発競争が激しくなるなか、失敗は痛手だが、同社は3号機の挑戦に意欲を見せた。背景には超小型衛星の打ち上げ需要の高まりがある。

米調査会社のスペースワークスによると、超小型衛星は2023年に16年の4.6倍の460基が打…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]