/

この記事は会員限定です

中部電、首都圏小売り集約 電力顧客の争奪激化で

[有料会員限定]

中部電力は自社で手掛ける首都圏の電力小売事業を、大阪ガスと折半出資するCDエナジーダイレクト(東京・中央)に集約する。営業部門の増員やガスとのセット割引を通して2018年度中に10万件の契約獲得を目指す計画だ。関西電力東京ガスなどとの競争激化に対応する。

大阪ガスと協力、セット割引テコに

CDエナジーは5月に電気とガスの小売事業者として認可を受けた。8月から販売を始める。

中部電は16年4月の電力の全面自由化以降、首都圏で人員...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り761文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン