2019年3月26日(火)

免疫生物研究所、カイコ由来の化粧品 中国で販売

2018/6/29 22:10
保存
共有
印刷
その他

免疫生物研究所は、子会社が化粧品を今秋から中国で販売すると発表した。遺伝子組み換えカイコの繭から精製したコラーゲン成分を使用し、肌に優しくアレルギーが出にくいのが特徴。すでに販売している国内や東南アジアで売り上げが好調で、販路を拡大する。

子会社のネオシルク化粧品(群馬県藤岡市)が化粧品「フレヴァンシリーズ」の洗顔料やローションなど6商品を中国の化粧品販売会社を通じて販売する。現在4万個を受注しているという。

同社は人間の体内で合成されるコラーゲンと同じ成分を遺伝子組み換えカイコの細胞で合成。カイコの繭から抽出したコラーゲン成分を化粧品に使用している。繭には組み換え遺伝子が含まれないため安全性が高く、動物由来の成分を含まないためアレルギー反応の心配も少ないという。

2018年3月期の化粧品事業の売上高は2100万円だが、中国での販売開始にともない19年3月期は2億円に増える見通しで、営業利益も5400万円の黒字に転換する見込み。

今後は欧州での販売も始める予定で、21年3月期は5億円の売り上げを目指す。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報