/

長岡花火の渋滞対策アプリ 長岡技科大とフラーが開発

8月2、3日の長岡まつり大花火大会(長岡花火)での交通渋滞を緩和しようと、長岡技術科学大学(新潟県長岡市)とソフト開発のフラー(千葉県柏市)は、スマートフォン向け渋滞対策アプリを開発した。長岡花火の開催時に道路混雑や臨時駐車場の情報を提供する。

長岡花火の会場周辺の道路の混雑状況を地図上に表示する

アプリの名称は「長岡花火道路交通情報」。会場近くの高速道路インターチェンジ(IC)周辺の混雑情報を地図上に表示する。アプリ利用者の現在位置の密度分布を示す「ヒートマップ」も採用した。利用者が多い地域は赤く表示され、渋滞している可能性が高い。

臨時駐車場の満車・空車情報も提供。現在位置から駐車場までの経路を案内する。

長岡技科大の鳩山紀一郎特任准教授は「車での来場者のデータを収集・分析し、来年以降の渋滞緩和に生かしたい」と話す。長岡花火では例年、「車で4キロメートル移動するのに2時間かかる」(鳩山特任准教授)という大渋滞が発生している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン