/

この記事は会員限定です

保険料増に悩む東北の自治体、介護予防で給付費抑制

(東奔北走)

[有料会員限定]

東北の自治体で、高齢者が負担する介護保険料の引き上げが相次いでいる。高齢化の進展で介護を必要とする人が増えているためだ。自治体は高齢者の介護予防に力を入れ、「健康寿命」を延ばそうと躍起になっている。保険料引き下げを実現した自治体にその「秘策」を探った。

宮城県大河原町の65歳以上の高齢者が負担する介護保険料(2018~20年度)は月額3900円で県内最低。前の3年間から200円下がった。

同町の菊...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1119文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン