2018年7月22日(日)

持ち家担保に住宅ローン、高岡信金

金融機関
北陸
2018/7/1 12:00
保存
共有
印刷
その他

 高岡信用金庫(富山県高岡市)は持ち家を担保にリフォームや住宅購入資金を融資するリバースモーゲージ型住宅ローンを7月2日から販売する。住宅金融支援機構の住宅融資保険を活用する。月々の返済負担を軽減できる点を売りに、高齢化で高まるバリアフリー化などのリフォーム需要を開拓する。

 高岡信金によると、同様の商品の取り扱いは北陸の金融機関では初めてという。

 亡くなった時に相続人が担保物件を売却して一括返済するため、月々の支払いは利息のみ。一般的な住宅ローンより毎月の支払い負担が軽減できるという。ノンリコース(非遡及)型で、売却代金が融資残高に満たなくても相続人に支払い請求はしない。

 60歳以上の個人が利用でき、融資金額の上限は5000万円。同庫の担当者は「空き家対策にもつながる」と期待する。介護施設への入居時などに、自宅をリフォームして貸家とする使い方もできるという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報