2018年11月14日(水)

中国EVスタートアップ、来年秋に新型車投入

自動運転
2018/6/29 18:46
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【上海=大西綾】中国の電気自動車(EV)開発のフューチャー・モビリティーは2019年秋に「BYTON(バイトン)」ブランドの新型車の販売を始める。音声での車内機器の操作に加え、自動運転や次世代無線通信規格「5G」にも対応する計画だ。中国の江蘇省南京市にある工場で量産に乗り出し、まず中国国内向けに販売する考え。

フューチャー・モビリティーは2016年に設立されたスタートアップ企業だ。中国国内の人材…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報