/

この記事は会員限定です

世界4位の中国車載用電池メーカー 半年間生産停止へ 需要・資金繰りが悪化

政府補助金の減額など響く 経営もろさ露呈

[有料会員限定]

【深圳=中村裕】世界4位の中国車載用電池メーカーである深圳市沃特瑪電池(オプティマムナノエナジー、広東省)が、7月1日から半年間に渡って生産を停止する見通しであることが29日明らかになった。全従業員に対し、今後6カ月間の休暇取得を要請した。電気自動車(EV)メーカーからの受注が大幅に減少して資金繰りが悪化したため、決定したという。

同社の20代女性社員は、日本経済新聞の取材に対し、「既に間接部門の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り553文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン