2019年7月21日(日)

最新ニュース

フォローする

納得以上 満足未満 先発の宇佐美、殻破れず

2018/6/29 17:33
保存
共有
印刷
その他

後半、シュートを放つ宇佐美=沢井慎也撮影

後半、シュートを放つ宇佐美=沢井慎也撮影

「勝てはしなかったけれど、何とか突破を決められてよかった」。左のアタッカーとして先発した宇佐美の顔に安堵の色が浮かんでいる。

セネガル戦に功のあった乾を充電させるために巡ってきた先発の座。ライバルに水をあけられた悔しさは口にしない。ほかの初先発5人とともに急ごしらえのチームで闘う難しさも承知の上。「23人全員で闘っていることを証明したい」という一念でピッチに立った。

ボールを持てば何かをする期待は抱かせた。キープで間をつくれるし、GKファビアンスキを脅かすシュートも放っている。

それでも、西野監督秘蔵のジョーカーとしてはもうひとつというところ。35分、角度のない右から放った強烈な一発はGKのパンチングに防がれた。あれをゴール正面から打てれば……。巨漢がそろうポーランドの城壁に穴をうがつ仕事を完遂できず、失点から間もない65分に乾と交代で退いた。

納得以上、満足未満の顔色だ。「前半のうちに1点、2点リードという結果を出さないといけなかった。後半も点を取りにいこうと話していたし、そこでの失点を避けたかった」。宇佐美自身も相手の速攻への備えは不十分。帰陣の遅れからピンチを招いてもいた。もっと汗をかくか、それとも守備免除の特権を勝ちとるほどの「サムシング・スペシャル」を満天下に示したい。

「決勝トーナメント進出は僕らの実力だと思う」とチーム力の高まりを率直に語ったが、「宇佐美の実力」はまだ証明されていない。

(ボルゴグラード=阿刀田寛)

最新ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

日本代表のコラム

電子版トップスポーツトップ

最新ニュース 一覧

フォローする
サッカー日本代表コーチで、東京五輪男子代表監督の森保一氏=共同共同

 日本サッカー協会は20日、次期日本代表監督を議論・推挙する技術委員会を開き、関塚隆・技術委員長に選任を一任した。東京五輪男子代表監督の森保一氏(49)が最有力候補で、26日の理事会での承認を経て正式 …続き (2018/7/20)

 日本サッカー協会は20日に東京都内で技術委員会を開き、東京五輪男子代表の森保一監督(49)が最有力候補となっている次期日本代表監督などについて議論する。委員会を経て、年齢制限のない日本代表と原則23 …続き (2018/7/19)

優勝を果たし、喜ぶエムバペ(左端)らフランスの選手=三村幸作撮影

 ロシアで開かれたワールドカップ(W杯)は、サッカーにまつわる様々な常識が揺さぶられ続けた32日間だった。
 優勝したフランスのデシャン監督も「このようなW杯は記憶にない」と話した。「タフでインテンシテ …続き (2018/7/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。