/

この記事は会員限定です

都、小笠原の飛行場滑走路1000メートル以下で再検討

[有料会員限定]

東京都は小笠原諸島(小笠原村)で設置を検討している飛行場で、1200メートルとしていた滑走路の長さを1000メートル以下に縮めて再検討する方針を固めた。環境にかかる負荷を小さくすると同時に工期を短くする。小笠原諸島が米国から日本に返還されて50周年を迎え、人口も増えている。島の住民の利便性向上を優先し、現実的な方策を模索する。

父島で30日に開かれる返還50周年式典で、小池百合子知事が表明する見...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り885文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン