/

この記事は会員限定です

ジムで疲労回復、1回7千円で「鍛えない」

[有料会員限定]

働き方改革の掛け声のもと企業は残業時間削減に取り組み、従業員は効率的に働くことが求められている。仕事で高いパフォーマンスを発揮するには疲れをためないことが要諦。この需要をとらえた疲労回復を目的にするジムの人気が広がっている。健康維持のためにジムに通うといえばこれまでは、「筋トレ」「スイミング」など運動して体を鍛えることだった。ジムなのに「鍛えない」のが最新の使い方になっている。

心身の疲れをリセット

東京・千駄ケ谷のビルの8...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1605文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

価格は語る

モノやサービスの値段にまつわる「なぜ?」を様々な角度から掘り下げる連載。商品の種目ごとに細かく担当を受け持つ日経記者が、その担当の商品・サービスの値段の変化がなぜ起きたのか、日本だけでなく世界のトレンドまで鋭く切り込む。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン