/

この記事は会員限定です

QBIT、接客ロボットを提案 米社と提携

[有料会員限定]

ロボット関連スタートアップのQBITロボティクス(東京・品川)は、人と協調する協働ロボット開発の米リシンク・ロボティクス(マサチューセッツ州)と提携した。工場などで導入が進む協働ロボットを、飲食店などサービス業でも活用する方法を提案する。アルバイトなど人手不足に直面する接客現場のロボット普及を目指す。

QBITはロボットや人工知能(AI)をサービス業で活用するためのシステム開発やコンサルティング...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り286文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません