/

ペットの医療過誤認める 動物病院に支払い命令 福岡

飼い犬が死んだのは受診した動物病院が病気を見過ごしたためだとして、福岡市内の女性が180万円の賠償を求めた訴訟の判決が29日、福岡地裁であった。倉沢守春裁判官は医療過誤を認め、病院側に慰謝料など約59万円の支払いを命じた。

判決によると、2014年5~7月に当時8歳だった雌の秋田犬が不正出血し、同市内の動物病院を3回受診。いずれもぼうこう炎と診断されたが、7月末に子宮蓄膿(ちくのう)症による細菌性腹膜炎で死亡した。

原告側は「適切な検査を尽くさなかった」と主張。病院側は「最初の検査で異常は認められず、その他の検査まで行う義務はなかった」などと主張していた。

判決理由で倉沢裁判官は「遅くとも7月の受診時に適切な検査が行われ、子宮摘出などを受けていれば死亡を避けることができた」と指摘。「原告はショックで外出できなくなるなど精神的損害は小さくない」とし、慰謝料40万円や葬儀費用などを支払うよう命じた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン