2018年11月17日(土)

決勝Tへ期待 「ブーイングの悔しさ、雪辱を」

2018/6/29 9:33
保存
共有
印刷
その他

【ボルゴグラード=大元裕行】サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会で、日本代表の決勝トーナメント初戦の相手はベルギーに決まった。日本代表の試合終了後、ベルギー戦を見守ったサポーターは「格上相手に向かっていってほしい」と期待を込めた。

那覇市の飲食店経営、永田昴佑さん(31)は日本代表がポーランド戦の終盤で見せたパス回しに「これまでの2戦と違い、後ろ向きなプレーにがっかりした」と不満を抱いた。その上で「ピッチの選手たちはブーイングを浴び、悔しかったはず。ぜひ、ベルギー戦で雪辱を果たして」と力強く語った。

ハンガリー在住の亀山聖友さん(30)は「開幕前は監督解任問題などで揺れた日本代表が、まさか決勝トーナメントに進むとは思っていなかった」と驚く。ベルギーは国際サッカー連盟(FIFA)ランキング3位の強豪国。「失うものは何もない。攻めの姿勢を最後まで貫いてほしい」と話していた。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報