「時代は京大生を求めている、リスクは楽しめ」
起業の都(7)レノバ・千本氏

2018/7/2 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

風力やバイオマス発電などの再生可能エネルギー事業を手掛けるレノバ。第二電電(DDI、現在のKDDI)を創業した千本倖生会長(75)と、大手コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニー出身の木南陽介社長(43)が経営する。ともに京大の卒業生、今風にいえば「アルムナイ」だ。特に数々の新事業を立ち上げてきた千本氏には自由を重んじる京大のDNAが受け継がれている。千本氏に母校、そして東京大学との…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]