/

ペリエ千葉、全面開業 開店前に長蛇の列

JR千葉駅の新駅ビル「ペリエ千葉」が28日、全面開業した。7年近く要した改修工事を終え、午前10時の開店時間前に約5000人が列を作った。通勤客や家族連れなど、幅広い世代の利用が見込まれる。

午前10時の開店前に行列ができた(ペリエ千葉)

同日開かれた開業セレモニーで、JR東日本千葉支社の西田直人支社長は「全面開業で駅の回遊性がさらに高まり、利用者が増えることを期待している」とあいさつ。西田支社長や千葉ステーションビルの椿浩社長、千葉県茂原市出身のタレント、小倉優子さんらがテープカットで祝った。

新たに開業した1階と地下1階にはアパレルや食品など87店舗が入り、ペリエ千葉全体で277店舗が営業する。延べ床面積は8万3000平方メートル(駅施設やコンコース含む)。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン