/

夜空にストロベリームーン 赤い満月、各地で観測

満月が赤みがかって見える「ストロベリームーン」と呼ばれる現象が28日夜、日本各地で観測された。東京都港区では日が沈んでしばらくした後の午後7時25分ごろ、東南東の方角に姿を現した。大阪でも見られた。

東京都港区から撮影したストロベリームーンと観覧車(28日午後7時47分)=共同

国立天文台によると、北米大陸の先住民が、イチゴの収穫時期に昇る赤い月を呼んだのが始まりとされる。

東京都港区から撮影したストロベリームーン。下は航空機(28日午後7時24分)=共同

地平線に近いところにあるとき、月の光が大気の層を長く通り、波長の長い赤い光が残って起こる。夕日が赤く見えるのと同じ原理で、空の低いところを通る夏至前後に観測しやすい。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン